美しい小さな家

コンセプト

小さな住まいは、創造性を高め、思索を進める源泉となってくれるのでしょうか。
「方丈記」を著した鴨長明は2.7坪、独特のユーモアに満ちる小説・随箪で知られる内田百間は12坪、名著「森の生活Jを著したヘンリー・D・ソローは4坪、近代建築の巨匠と呼ばれるル・コンビュジェの「夏の休暇小屋」も4坪、古今東西を問わず、小住宅で創作活動にいそしんだ著述家やアーティストは多いのです。
小さな住宅に魅せられ、自邸にする著名建築家も、枚挙に暇(いとま)がありません。
隅からすみまでの住まいの気配を把握でき、自分の好みと趣味を過不足なく反映した居心地のよい”自分サイズ”の家。
魂を揺らすような、美しく小さな家をお届けいたします。

資料を見る(PDF)

大衡村・U様邸

仙台市O様邸

東松島市S様邸

実績紹介一覧に戻る